ミュージックイベントのご案内

三輪 郁 ピアノコンサート(仮称)

◆日時:2019年6月6日(木) 18:00開場 18:30開演
◆会場:ミント神戸18階「ミントテラス」
◆出演:三輪 郁(ピアノ)
◆演奏曲目:
・モーツァルト:きらきら星変奏曲  K.265、アダージョ ロ短調 K.540、 ピアノソナタ イ短調 K.310
・ドビュッシー:夢、2つのアラベスク、レントより遅く、喜びの島
※曲目は変更になる場合がございます。

今、もっともウィーンの薫りを伝え得るといわれる日本人ピアニスト 三輪 郁のコンサートです。 ミント神戸18階「ミントテラス」からの美しい景色とともに素敵なひとときをお過ごしください。

三輪 郁(ピアノ)
今、もっともウィーンの薫りを伝え得ると思われる日本人ピアニスト 三輪 郁はウィーン・フィルの首席奏者たちから大きな信頼を得ており、コンサートマスターのライナー・キュッヒル、ライナー・ホーネック、フォルクハルト・シュトイデ、首席フルーティストのヴォルフガング・シュルツ、更にホーネックと首席チェリストのフランツ・バルトロメイ、首席クラリネットのエルンスト・オッテンザマーによる“ウィーン・ゾリステン・トリオ”等と度々共演。代々音楽家の家系に生まれ、優れた音楽環境の中で育ち、幼少期からピアノに親しみ、三浦みどり、大島久子、ハンス・グラーフ、ヴォルフガング・ヴァッツィンガー、ハインツ・メディモレックらに師事。桐朋女子高等学校を経て、ウィーン国立音楽大学及び大学院に学び、満場一致の最優秀で修了、オーストリア政府から表彰される。その後はイタリアのフィナーレ・リグレにおける“パルマ・ドーロ”国際コンクールにおいて審査員全員一致で第1位に選ばれたほか、ドイツ・ドルトムント国際シューベルトコンクールや浜松国際ピアノコンクールなどでも入賞し、これを契機にウィーンを拠点とした演奏活動が本格化。NHK交響楽団や新日本フィルなど日本のオーケストラのコンサートマスター、首席奏者たちとの室内楽コンサートでの数多くの共演を通じての音楽的信頼も厚い。東京においては2003年から2006年まで、ウィーン時代のモーツァルトに焦点をあてたコンサートシリーズ『4254日の奇蹟~ウィーンのモーツァルト』を企画開催し、大きな注目を集める。ピアノのためのソロ作品のみならず、オペラや管弦楽作品のピアノ版演奏、更にピアノ協奏曲を含む5公演はウィーンの空気をふんだんに吹き込むような演奏で魅了して高い評価を得た。その一方で、テレビ番組化されたドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ)をはじめ『のだめ』関連のピアノ音楽監修や落語家 春風亭小朝とのコラボレーション、さらにエッセイを出版するなどその活動は多彩を極めている。三輪 郁の演奏は放送、CDなどでも聴くことができるが、最近では特に『バルトーク:ピアノ作品集』《Miwa Iku-Schubert》(販売元:キング・インターナショナル、発売元:風樂)《Mozartiana/Iku Miwa》(制作:オクタヴィア・レコード)がシリーズ化されており、それぞれ『レコード芸術』誌『特選盤』『準特選盤』に選ばれるなど好評を博している。現在、山形大学教授、桐朋学園大学講師。(2018年4月現在)

申し込みについて

◆申し込み方法 往復ハガキの往信裏面に「ミント神戸サロンコンサート 6月6日開催分申込希望」とご記入の上、住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数(1名 or 2名)を、返信表面に住所、氏名を明記してご応募ください。
◆申し込み先 〒651-0096 神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸12階「ミント神戸サロンコンサートHP」係
◆申し込み締切 2019年5月17日(金)消印有効
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※当選者の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。
【2019年5月22日~28日頃発送予定】

問合せ:ミント神戸サロンコンサート係 TEL.078-265-3700

閉じる