ミュージックイベントのご案内

~無伴奏が織りなす世界~
京都市交響楽団首席ヴィオラ奏者を招いて
小峰航一  無伴奏ヴィオラリサイタル

◆日時:2019年7月8日(月) 18:00開場 18:30開演
◆会場:ミント神戸18階「ミントテラス」
◆出演:ヴィオラ奏者 小峰航一
◆演奏曲目:
アドルフ・ブッシュ 前奏曲とフガート
マックス・レーガー 無伴奏ヴィオラ組曲3番ホ短調 op.131d-3  他
※曲目は変更になる場合がございます。

ミント神戸18階 「ミントテラス」で素敵なひとときをお過ごしください。

小峰航一
6歳よりヴァイオリンを宮澤健一氏に師事。11歳でヴィオラに転向し東京藝術大学附属高校、同大を経てパリ国立高等音楽院を最高位の成績で卒業。ヴィオラを菅沼準二、ブルーノ・パスキエ、クロード・ルロン、フランソワーズ・ニェリの各氏に師事。2007年日本演奏連盟主催のデビューリサイタルを東京文化会館にて開催し音楽現代等各紙で好評を得る。同年国際ラヴェルアカデミーより「ボナ美術館賞」を贈られ、同アカデミーより「レシタル・ドゥ・プランタン」(春のリサイタル)に招かれラヴェルの生地でリサイタルを開催。2014年ソリストとして広上淳一指揮京都市交響楽団と共演。2015年別府アルゲリッチ音楽祭にてマルタ・アルゲリッチ女史とシューマンのピアノ五重奏を共演。これまでにオホーツク音楽祭in紋別、ヴィオラスペース、国際ラヴェルアカデミー、サイトウ・キネンフェスティバル松本(現セイジ・オザワ松本フェスティバル)、別府アルゲリッチ音楽祭、NHK-FM 「リサイタル・ノヴァ」に出演。ジェラール・プーレ、オリヴィエ・シャルリエ、ヤン・ソンウォン、エマニュエル・シュトロッセ、ゲイリー・ホフマンの各氏やヴィハンカルテットと共演。フルート奏者瀬尾和紀氏とベートーヴェンのセレナーデをナクソスにて録音。2012年「関西弦楽四重奏団」を結成し、ベートーヴェンを中心に様々な弦楽四重奏の演奏を展開。定期的な演奏活動に加えて、NHK-TV「クラシック倶楽部」NHK「ベスト・オブ・クラシック」への出演、豊嶋泰嗣氏やチェコの名門プラジャークカルテットと共演するなど幅広く活動。2014年度大阪文化祭賞奨励賞、2015年度咲くやこの花賞受賞。ファーストアルバム「グラズノフ&ボロディン」をリリース。
オリジナル楽器の演奏では、バッハコレギウム・ジャパン、オーケストラ・リベラ・クラシカ、鈴木秀美主宰ガットサロンなどに参加。
鈴木秀美、若松夏美、佐藤俊介の各氏と共演。パリ管弦楽団アカデミー生、札幌交響楽団首席奏者を経て現在京都市交響楽団首席奏者。紀尾井ホール室内管弦楽団、関西弦楽四重奏団、京都ラビッシュアンサンブル各メンバー、京都市立芸術大学、相愛大学非常勤講師。

申し込みについて

◆申し込み方法 往復ハガキの往信裏面に「ミント神戸サロンコンサート 7月22日開催分申込希望」とご記入の上、住所、氏名、年齢、電話番号、参加人数(1名 or 2名)、返信表面に住所、氏名を明記してご応募ください。
◆申し込み先 〒651-0096 神戸市中央区雲井通7-1-1
ミント神戸12階「ミント神戸サロンコンサートHP」係
◆申し込み締切 6月25日(火)消印有効
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※当選者の発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。
【7月1日~8日頃発送予定】

問合せ:ミント神戸サロンコンサート係 TEL.078-265-3700

閉じる