Shop Guide
  • FASHION
  • ZAKKA & INTERIOR
  • COSMETIC & BEAUTY
  • FOOD & CAFE
  • MUSIC
  • MOVIE
キーワードから探す
検索
Information
営業時間
ショッピングフロア 11:00~21:00
レストランフロア 11:00~23:00
M-MARCHÉ 10:00~21:00
M-KITCHEN 11:00~21:30
2F CAFE 9:00~22:00

店舗により一部営業時間が異なる場合がございますので、各ショップインフォメーションをご確認下さい。

詳しくはコチラ
休館日

2017年2月20日(月)
※一部店舗営業
詳しくはこちら>>

TEL

078-265-3700

※映画に関するお問い合わせ
TEL 078-291-5330
(OSシネマズミント神戸)

パーキング情報 - Parking information
求人情報 - Recruit information
  • TOWER RECORDS - スタッフおすすめMUSIC
  • OS cinemas m-int - オススメ上映作品
  • OSチケット優待 - CINEMA×GOURMET
  • M-INT CLUB CARD 会員募集中 - 入会費永年無料!
  • ミント会員について - モバイル会員様は必ずお読みください。
  • OFFICE FLOOR - オフィスフロアへお越しの方はコチラ
  • M-STYLE
facebook - ミント神戸
Twitter -  m_intkobe
Instagram -  m_intkobe
LINE -  m_intkobe
M-INT TERRACE
トップ > OS cinemas m-int おススメ上映作品

OS cinemas m-int

  • オススメ上映作品
  • 公開予定作品
  • 特典情報
%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88

ザ・コンサルタント

【ストーリーと解説】

「アルゴ」のベン・アフレックが、凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション。田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフには、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切り、年収10億円を稼ぎ出す命中率100%のスナイパーというもう一つの顔があった。そんなウルフにある日、大企業からの財務調査の依頼が舞い込んだ。ウルフは重大な不正を見つけるが、その依頼はなぜか一方的に打ち切られ、その日からウルフは何者かに命を狙われるようになる。
アフレックが主人公ウルフを演じるほか、「マイレージ、マイライフ」のアナ・ケンドリック、「セッション」のJ・K・シモンズらが出演。監督は「ウォーリアー」「ジェーン」などを手がけたギャビン・オコナー。
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

キャスト ベン・アフレック/アナ・ケンドリック/J・K・シモンズ/ジョン・バーンサル/ジーン・スマート
監督 ギャビン・オコナー
上映時間
備考 公開予定:2017年1月21日(土)
%e6%b2%88%e9%bb%99_%e4%bb%ae%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3_photo-credit-kerry-brown

沈黙-サイレンス-

【ストーリーと解説】

原作:遠藤周作×監督:マーティン・スコセッシ
ハリウッドと日本、最高のキャスト・スタッフが集結!
戦後日本文学の金字塔「沈黙」が完全映画化!!
日本を舞台に描くマーティン・スコセッシ監督渾身の一作が遂に完成。

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本にたどり着いた若き司祭ロドリゴ。彼の目に映ったのは想像を絶する日本だった。信仰を貫くか、棄教し信者達の命を救うか—究極の選択を迫られる。

原作と出会ってから28年。アカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシが激動の現代に「人間にとって本当に大切なものとは何か」を描き出す壮絶なドラマ。
©Photo Credit Kerry Brown

キャスト アンドリュー・ガーフィールド/リーアム・ニーソン/アダム・ドライバー/窪塚洋介/浅野忠信/イッセー尾形/塚本晋也/小松菜奈/加瀬亮/笈田ヨシ 
監督 マーティン・スコセッシ
上映時間
備考 公開予定:2017年1月21日(土)
%e6%96%b0%e5%ae%bf%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%b3%e3%88%bc

新宿スワンII

【ストーリーと解説】

「ヤングマガジン」連載の和久井健による人気コミックを、「ヒミズ」「地獄でなぜ悪い」の園子温監督のメガホン、綾野剛の主演で実写映画化した「新宿スワン」の続編。
前作から引き続き出演の伊勢谷友介、新キャストの浅野忠信、広瀬アリス、椎名桔平らの共演により、新宿歌舞伎町のスカウトマンたちの新たなる野望と戦いが描かれる。
スカウト会社「新宿バースト」のエース格へと成長した白鳥龍彦は、幹部の関玄介とともに横浜へと送り込まれる。社長・山城は「バースト」の横浜進出を目論んでいたが、タキと呼ばれる男か?牛耳る横浜は、逆に新宿を飲み込もうと徹底抗戦の構えで対抗。新宿と横浜は全面戦争へと突入していく。プロデューサーは「クローズ」シリーズの山本又一朗。
「るろうに剣心」シリーズの谷垣健治がアクション監督として参加。

キャスト 綾野剛/浅野忠信/伊勢谷友介/深水元基/金子ノブアキ
監督 園子温
上映時間
備考 公開予定:2017年1月21日(土)
%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3-%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

スノーデン

【ストーリーと解説】

スノーデンとは英雄か、それとも国家の裏切り者か?
家族、恋人、自由。すべてを捨てて国家を告発した元CIA職員“エドワード・スノーデン”の人物像に迫るヒューマン・ドラマ。
©2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

キャスト ジョセフ・ゴードン=レヴィット/シャイリーン・ウッドリー/メリッサ・レオ/ザカリー・クイント/トム・ウィルキンソン/スコット・イーストウッド/リス・エヴァンス/ニコラス・ケイジ
監督 オリバー・ストーン
上映時間
備考 公開予定:2017年1月27日(金)
%e3%83%89%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

ドクター・ストレンジ

【ストーリーと解説】

「アベンジャーズ」シリーズをはじめとするマーベル・シネマティック・ユニバースに連なる一作で、イギリスの人気俳優ベネディクト・カンバーバッチが、魔術を操る異色のヒーロー、ドクター・ストレンジに扮したアクション。
不慮の事故で両手の機能を失い、天才外科医として築いてきたキャリアの全てを失ったストレンジは、人生を取り戻すためにあらゆる手を尽くし、やがて神秘に満ちた魔術の力にたどり着く。魔術の修行に励むうちに、強大な敵との戦いに巻き込まれていくストレンジは、医師として相手を傷つけることに苦悩し、外科医に戻るか最強の魔術師として戦う道に進むか、究極の選択を迫られる。
©2016 Marvel. All Rights Reserved.

キャスト ベネディクト・カンバーバッチ/キウェテル・イジョフォー/レイチェル・マクアダムス /ベネディクト・ウォン/マッツ・ミケルセン
監督 スコット・デリクソン
上映時間
備考 公開予定:2017年1月27日(金)
%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%8b%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%bb%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3

マグニフィセント・セブン

【ストーリーと解説】

黒澤明監督の傑作時代劇「七人の侍」(1954)と、同作を西部開拓時代のメキシコに置き換えてハリウッドリメイクしたウエスタン「荒野の七人」(60)という2つの名作を原案に描いた西部劇。
「トレーニング デイ」「イコライザー」の監督アントワン・フークアと主演デンゼル・ワシントンが今作でもタッグを組み、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「ジュラシック・ワールド」のクリス・プラット、「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク、ハリウッドで活躍する人気韓国俳優イ・ビョンホンらが共演した。
暴虐の限りを尽くす男、バーソロミュー・ボーグに支配されたローズ・クリークの町の人々は、賞金稼ぎのサムを中心に、ギャンブラー、流れ者、ガンの達人など7人のアウトローを雇う。最初は金のため町を守ることになったサムらだったが、いつしかその目的が金だけではなくなっていることに気付く。

キャスト デンゼル・ワシントン /クリス・プラット/イーサン・ホーク/ビンセント・ドノフリオ/イ・ビョンホン
監督 アントワン・フークア
上映時間
備考 公開予定:2017年1月27日(金)
%e5%8d%b0%e5%88%b7%e7%94%a8_%e6%81%8b%e5%a6%bb%e5%ae%b6%e5%ae%ae%e6%9c%ac_%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

恋妻家宮本

【ストーリーと解説】

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い、卒業と同時に、できちゃった婚。そして、ごく平穏な結婚生活27年を経て、子供の独立の時を迎えていた。夫と妻から、父親と母親という風に形を変えた夫婦生活。理想の夫ではないにしても、浮気もせず、教師としてまじめに働き、きちんと給料を入れる、そんな自分に何の問題もないと、陽平は思っていた。
ところが、息子夫婦が福島へ転勤で旅立った日、久々27年振りの二人きりの生活に戸惑い、ふたりとも、ついつい飲みすぎてしまい、妻は飲みつぶれてしまう。そんな夜、陽平は、妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見する。順風に思えた夫婦生活、美代子はいったい何を考えているのか?陽平は激しく動揺する。かといって、妻に問いただす勇気もない。悶々とする陽平の生活が始まった。耐えられずに陽平は趣味の料理教室仲間に相談するも妻の浮気を示唆されて余計に不安を募らせる。
これまでの人生を、常に何が正しいかを考えながら生きてきた陽平。教師として学校でふれあう生徒とその家族、趣味で通う料理学校で垣間見るよその夫婦の姿、そこには、さまざまな夫婦そして家族の形がある。正しいことって、何だろうか。陽平の惑いは深まるばかり。
そんな時、美代子が家を飛び出してしまう。美代子の真意とは…。そして、陽平の選んだ道とは…。
©2017『恋妻家宮本』製作委員会

キャスト 阿部寛/天海祐希/菅野美穂/相武紗季/工藤阿須加/早見あかり/奥貫薫/佐藤二朗 /富司純子/入江甚儀/佐津川愛美/浦上晟周/紺野彩夏/豊嶋花/渡辺真起子/関戸将志/柳ゆり菜
監督 遊川和彦
上映時間
備考 公開予定:2017年1月28日(土)